治療方針

治療の理念

これまでに5000人近い子ども達をみて参りました。一人も悪い子どもがいませんでした。彼らの問題行為は環境(殆どが親の過干渉)により、自由を奪われ、やりたくないことを強いられたあげくに、問題を起こしています。私は子どもを変えるつもりはありません。子どもに伝えたいのは「ありのままの自分で生きて行きなさい」です。よって、自分に変わる覚悟のある保護者の来院を大歓迎致します。この子を生んで良かったと思える人生を私と一緒に築きましょう。

方針イメージ

 

治療の流れについて

  • 問診

    診察が始まる前に、問診票にご記入いただきます。
  • お子様の血圧、脈拍、体温、身長、体重などを測定いたします。
  • (感覚過敏のある方は受付時に伝えていただけると助かります)
  • カウンセリング

    医師による診察になります。
  • 初回のみ合計して1時間程度の時間がかかります。
  • 幼少期からの発達の質問をさせていただきますので、お持ちでしたら母子手帳などを用意されることをおすすめします。
  • お子様が、診察に来れない場合は予約時にお伝えください。保護者の方のみの来院も可能です。
  • 治療計画の立案

    その子の特性をふまえ、「これからどうしたらいいのか」子育てのコツをお話しさせていただきます。
  • 患者様のご希望、症状に合わせてお薬が処方される場合がございます。
  • 初回から一ヶ月は内服薬の調整などもふまえ、一週間おきに様子をうかがう場合がございます。その後、2週間おき、1ヶ月おき、半年おき・・と、患者様の状態に合わせてカウンセリングをおこなってまいります。
  • 治療

    お子様の一番の心のカウンセラーは保護者であり、主に母親の関わりがお子様を回復へと誘います。
  • お子様の心のケアも含め、お母様が子どもにどう接したらいいのかを、お話させていただきます。
  • 20歳までのお子様を対象としていますが、お子様に関わる保護者の方の診察は同時におこなっております。
  •  
  • オンライン診療について
  • 当院ではオンライン診療をおこなっております。
  • 株式会社情報医療(curon)にご登録いただきご予約をお取り下さい。
  • 尚、オンラインによる予約は受け付けておりませんので、先ずはお電話にてご予約下さい